コピックのぬりえ原画の描き方♪ラフスケッチのコツ♪

本日もデコイラスト教室のブログにアクセス頂きありがとうございます。
こんにちは。
イラスト講師のmei(@mei_decoillust)です。

今回は、「コピックのぬりえ原画の描き方」について書いていきます♪

毎月第4日曜日に開催している体験教室の「コピックでぬりえをしよう♪」で、実際に使っている原画の描き方です。

いつもみんなに色を塗ってもらっているぬりえの紙がありますよね?

20種類くらいあるのですが、実はその原画は、私が描いたものです。

「売っているものをコピーしているのですか?」

とよく聞かれますが、著作権違反になるので、自分で描かなければいけないのです。

自分で描いた方が、売っていないオリジナル原画を作れますよ♪

それでは、ぬりえ原画をどんな風に描いているのか紹介します。

 

まずは、描きたいものを決めましょう。

何が描きたいんだろう?直感で決めちゃいましょう!!

今回は、アニメが大人気の六つ子のキャラクターの黄色の子を描いていきます。

なぜなら、体験教室に来る子が好きなキャラだからです。

ですが、アニメを見る機会がないので、あんまりわかりません。
原画を描くために、アニメを見てみました。

なんか可愛いキャラでした♪
実際に見たことで、特徴を思い出しながら描いていくことができます。

描きたいものが決まったら、実際に観察することはとても大事なことです。

描きたいものが決まったら

・描きたいものの写真を調べる
・描きたいものを触ってみる(ある場合)
・描きたいものをよく見てみる
・描きたいものがあるところに行ってみる
・描きたいものについて調べてみる

 

描くものが決まったら、ラフスケッチします。

下の画像のように、どんな紙でも良いのでテキトーにラフスケッチしていきます。

絵を描く上で大事なのが、 リラックス&テキトー だと思っています。

いらないメモ帳にゆるく描いたものです。
後で、パソコンのイラストソフトでペン入れするので、リラックスしてテキトーに描きましょう!!

私は、テキトーに描いた時の偶然できた線が好きです。

鉛筆ではなくて、ボールペンで描きます。

鉛筆だと、消すことができるので、なんとなく余分な線を引いてしまいます。
(私の場合です。)

鉛筆と違ってボールペンは消すことができないので、あらかじめ頭の中で線を選びながら描いていくことができます。

 

 

ラフスケッチ(下書き)出来上がり♪

 

CLIP STUDIOでペン入れします。

でき上がったラフスケッチを、iPhoneで写真を撮ってパソコンに取り込み、CLIP STUDIO(クリップスタジオ)でペン入れをします。

ここで大事なのが、最初に描いたラフな感じを大事にしながらペン入れすることです。

いつもはPhotoshopを使っています。クリスタは勉強中です!!

 

 

ぬりえ原画をプリンターでコピー♪

クリスタでペン入れしたら、ぬりえ原画をプリンターでコピーしたら出来上がりです♪

ハガキサイズのケント紙に印刷しました。
塗ってみたい方は、ヴィシーズ埼玉大井店で開催されている体験教室にご来店ください!!

 

参考にしてみてくださいね。

楽しいイラストライフを!!

でわでわ〜!!

 

 

 

Follow me!

この記事を書いた講師

Mei
Mei
スーパービバホームの2階にあるヴィシーズ埼玉大井店と川越駅近くの教室でイラスト講師をしています。
会社員をやりながら講師をしています。
職業:デザイナー・イラストレーター
講師歴:9年目