コピックインクで描く!イラストの背景の描き方【アルコールインクアート】

本日もデコイラスト教室のブログにアクセス頂きありがとうございます。
こんにちは。
イラスト講師のmei(@mei_decoillust)です。

今回は、 「コピックインクを使った背景の描き方」 をざっくりお話しします。

背景の表現にアルコールインクアートを使えば、雰囲気のあるイラストが簡単にできてしまいます。
人物だけは良い感じに描けたけど、背景の描き方に困った時などに、コピックインクを使って描いてみましょう。
最初は、きっかけとして背景を良い感じにごまかすために使っても良いと思います。
とても素敵に仕上がるので、びっくりすると思います。

イラストの背景に悩んでいる方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。
慣れてくれば、とても簡単です。ニュアンスのある魅力的なイラストに仕上がります。

アルコールインクアートを使った背景の描き方

3つの準備するもの

1.アルコールインクアートペーパー

ツルツルしていて、コシのある用紙です。コピックインクを美しくにじませることができます。

2.無水エタノール

薬局などで手に入りますので、準備しましょう。

3.コピックインク

お好きなコピックインクを3色選んでください。今回は、E93B63R35を使いました。
暖かいオレンジ系の色に、差し色(アクセント)でブルーを入れたいと思いました。

下書きを描こう

液タブで下書きをささっと描いてみました。
トレース台でなぞるときに細かく線をひろっていくので、てきとーで大丈夫です。

パーツごとに線の色を変えておくと、トレース台でペン入れするときに楽チンです。

ペーパーにマスキングテープを貼ろう

イラスト(下書き)トレース台で透かしながら、アルコールインクアートペーパーマスキングテープを貼りましょう。
背景と人物の境目にてきとーで良いので貼って下さい。
エタノールがどんどん染み込むので、あまり意味がないのですが、念の為貼りましょう。
マスキングインクを使う方法もあるのですが、身近にあるマステを活用しています。

meiの顔

てきとーに貼っちゃおう♪

無水エタノールとコピックインクを垂らす

無水エタノールを垂らしてからすぐにコピックインクを垂らして数分放置しておきます。
バランスを見ながら、好きな位置に好きな色をぽたぽた垂らしましょう。
マスキングテープは、どんどんよれてくるので、剥がしました。

meiの顔

自由気ままに、ぽたぽたしよう♪

ペン入れの前に薄い色を塗る

ペン入れをしたペンの色もどんどん滲みますので、ペン入れをする前に薄い肌の色(E00)などは塗っておきましょう。

meiの顔

どんどんにじむのが面白いね〜♪

女の子をいつも通りに描く

どんどん滲んでいくので、素早くペン入れをして、素早くどんどん色を塗りましょう。(10分くらいで塗り終わる感じ)
いつも使っている色より3段階くらい濃い色を使って下さい。滲んでいくので、薄い色だと色がのりません。
ペン入れには、コピックマルチライナー0.1(ワイン)を使用しました。
仕上げに、白い絵の具を使用して、周りに散りばめています。

meiの顔

すばやく塗るのは、てきとーすぎて楽しい♪

イラストの完成です♪

リラックスしながら描けて、楽しかったです♪

予測できない滲みは、どんな色合いになるんだろう?

わくわくドキドキするイラストでした。

Follow me!

この記事を書いた講師

Mei
Mei
スーパービバホームの2階にあるヴィシーズ埼玉大井店と川越駅近くの教室で講師をしています。
大学時代から講師を務め、現在は会社員をしながら講師をしています。
職業:デザイナー・イラストレーター
講師歴:11年目