Sizzixのカッティングマシンで作る!!クリスマスリースの作り方♪

本日もデコイラスト教室のブログにアクセス頂きありがとうございます。
こんにちは。
イラスト講師のmei(@mei_decoillust)です。

今回は、 「クリスマスリースの作り方」をゆる〜くお話しします。

Sizzixのカッティングマシンを使用している方におすすめの記事です。
購入した素材でクリスマスリースを作る予定の方も参考にしてみてください。

リースの作り方

お好きなリースを用意して、お好きな素材を貼り付ければ、簡単にできてしまいます。

お好きなリースを用意しよう

葉っぱをたくさんはみ出させて、動きをつけたいので、細いリースを選びました。

お好きなリボンと紐をつけよう

自分のイメージするリースに合うリボンと紐をつけましょう。
最後につけても良いのですが、リボンとのバランスを見ながら葉っぱをつけたいので、最初につけちゃいます。
最後につけたい方は、最後につけてくださいね。

自分の好きなデザインにしてみましょう

リボンの位置で印象が変わりますね。リースの中央ではなくても、サイドにつけてもお洒落なデザインですね。

 

葉っぱをたくさんカットしよう

ポインセチアっぽい葉っぱとモミの木の葉っぱ、ヒイラギっぽい葉っぱがあれば大丈夫です。

自分の好きな色を選びましょう

木のイラストを描くときも、いろんな緑の色があると美しいと思います。
なので、たくさんの色の葉っぱを選んでみました。もちろん、一色でまとめるのも良いと思います。

meiの顔

自分の好きな色を作品に使うと楽しいね♪

お花をカットしよう

クリスマスと言えば、ポインセチアですね。キリストに捧げる赤い血を表しているそうです。
3種類のポインセチアのカッティングダイを使いました。

 

葉っぱにカーブをつけよう

スポンジマットの上に置いて、丸みをつけましょう。

meiの顔

くるくる〜♪

 

葉っぱの流れに合わせて、全ての葉っぱにどんどんカーブをつけましょう。

 

お花にカーブをつけよう

スポンジマットの上に置いて、丸みをつけましょう。花びら1枚1枚にも動きをつけましょう。今回の作品のポインセチアは、表面から丸みをつけています。

裏側から丸みをつけても可愛いです

外側から丸みをつけると、リアリティのあるお花になりますね。

お花を組み立てよう

ボンドをお花の中心につけて、花びらを組み立てたら、真ん中にキラキラのラインストーンを貼っても可愛いです。

 

meiの顔

キラキラでかわいい♪

 

リースにパーツを貼ろう

お好きなボンドをつけて、コツコツと全てのパーツを貼っていきましょう。
ボンドが乾くまで、指で軽く押さえながら、ゆっくり貼ってみてください。

まずは、葉っぱを貼ろう

同じ色のパーツを散らすように貼ると、バランスが良いです

 

少し濃いライトグリーンの葉っぱを貼ります。

お花を貼る予定のところに葉っぱの根元が集まるように貼ろう

 

濃い色の葉っぱを貼ります。濃い色を入れると、作品の色合いが締まりますね。

 

一番手前にきて欲しい色の葉っぱを最後に貼ります。

 

小さめの葉っぱ(ヒイラギの葉っぽい)を貼ります。

お花を貼る予定のところに仕上げの葉っぱを貼ろう

 

お花を貼ったら、リースの完成です♪

大きめの葉っぱとポインセチアを貼ったら完成です。シルバーの葉っぱも散らしてみました。
お花の個数などは、デザインによって自由に変えてみてください。

ハッピーメリークリスマス☆
ぜひ、お部屋に飾ってみてください♪

Follow me!

この記事を書いた講師

mei
mei
スーパービバホームの2階にあるヴィシーズ埼玉大井店と川越駅近くの教室で講師をしています。
大学時代から講師を務め、現在は会社員をしながら講師をしています。
職業:デザイナー・イラストレーター
講師歴:12年目